スキャン業務を強力サポート!!

膨大なスキャンファイルのゴミ取り、水平補正、DPI変更、ファイル変更などの処理に困ったことはありませんか?
は、 SCAN to File/Print/Edit に不可欠なイメージ処理作業をバッチ処理により実施できるソフトウェアです。
工数がかかっていたイメージ処理作業の大幅な省力化とコストダウンをサポート・実現いたします。


 
◆従来の流れ
   スキャン図面ごとにイメージ処理を実施していました。大量図面の場合は作業がとても面倒。作業内容によっては
   複数の作業者に分けて実施していました。
    【作業の流れ】
      スキャニング→保存→編集ソフト起動→項目別に編集ツール実行→保存
   

 ◆を利用した流れ
   を利用すると分割していたイメージ処理作業をバッチ処理でオートで処理することができます。
    【作業の流れ】
     1)スキャニング→(編集実行、保存を自動で行います)
     2)スキャニング→保存→のバッチ処理(複数枚の処理をする時に便利です)
  

の特徴
・ファイルを再表示せずに自動処理
 バッチ処理スクリプトを実行することにより、多種多様のイメージプロセッシング作業を行います。
 このため処理時間が大幅に短縮されます


・簡便なスクリプト作成機能 
 スクリプト作成にはイメージ処理コマンドをドラッグ&ドロップ作成できるユーザーインターフェースを使用しています。

・バーチャルスキャニング機能
 ネットワークスキャナーからバーチャルスキャニングフォルダーに保存されたイメージファイルに対して設定されたスプリクト
 で処理を行うことができます。

・マルチページ作成コントロールツールとして利用可能
 連続スキャンしたファイル、もしくはフォルダー内のイメージファイルからマルチページファイル*を作成することができます。
 また、作成したマルチページファイルのページ入れ替え、差し替えを簡単に行うことができます。
 *マルチページファイルはTIFF、PDFになります

・同時に複数のファイル保存が可能
 スプリクトファイル設定により、イメージファイル保存時に拡張子の違うファイル(例えばTIFFとPDF)を同時作成できます。

・豊富な自動イメージ処理機能
# ゴミ取り・穴埋め # 水平補正 # 細線化、太線化 # 白黒反転
# スムージング # X/Yミラー # 回転(90度回転) # DPI変更
# カラー(256色変更) # カラー(グレースケール変更) # カラー(モノクロ変更) ・・・etc

タイトルブロック認識機能 
 イメージ化された図面表題の属性をOCRを利用し、半自動でMicrosoft Excelなどへ出力します。それにより、今まで面
 倒だった表題属性のリスト化の効率をアップすることができます。
 Microsoft Excelを利用した場合はOCR後自動でセルに転送されますので、入力確認用のイメージ表示用ソフトや紙図
 面を置くスペースを省くことができます。

 *操作するパソコンには
Microsoft Excelのインストールが必要になります。

 【タイトルブロックを利用するための主な設定】
  1)読み込み対象となる図面のテンプレートの作成
    図面・サイズごとに表題が違う場合は図面・サイズごとの
テンプレートを作成します。
               
  2)図面処理方法(スクリプト)の設定
    作成したテンプレートの設定と
図面処理法方法を設定します
     
 Microsoft Excelへの出力結果】
  タイトルブロックを実行すると、MicrosoftExceのセル上段にイメージ、下段にOCR結果が転送されるので、OCRの
  誤認識修正だけになり、元図の参照が不要となります。使い慣れた環境で作業ができるので専任オペレーターの準備
  は不要です。
                 
 【MicrosoftExcelをサポートするマクロ機能】
  からMicrosoftExcelに出力された
イメージの削除、出力された情報を利用したリネーム、そしてイメージに対し
  て簡単に
ハイバーリンク情報を付けることができ、簡易電子台帳(目次)の作成が可能になります。


カタログ ※PDFを閲覧するにはAdobe社Acrobat Reader にてご覧ください。
 
カタログ

価格表               代理店
 価格表 を見る(PDF)             代理店 
を見る